お問合せ 琉球大学HPへ
理学部紹介
理学部紹介学科紹介研究室紹介在学生の方へ受験生の方へオープンキャンパス
 
 
 
オープンキャンパス理学部へ行こう!
理学部へのアクセス
亜熱帯海洋科学国際プログラム
高度統合型熱帯海洋科学技術イノベーション創出研究拠点形成事業 ORCHIDS
国際サンゴ礁研究教育ハブ形成プロジェクト
アジア太平洋域の大学院学生の国際連携教育

理学部長    伊澤 雅子

すべては理学から始まる

 

[本学部の特徴]

  理学部は、1950年の琉球大学開学時に設置された本学で最も古い歴史を持つ学部の一つです。理学部は、米国ランド・グラント大学の精神と伝統を色濃く残しています。琉球大学理学部では、数学、物理学、地学、化学、生物学の真理の探究を目指します。しかし、それだけを目的とするのではなく、基礎科学に基づいた知識をもとに幅広い学問分野への発展と、地域社会・国際社会への貢献をも重要なミッションだと考えています。沖縄が持つ亜熱帯島嶼の豊かな自然と特異な歴史的背景の上に、琉球大学理学部は独自の教育と研究を行っています。

 他大学の理学部と異なる研究・教育のコースも開拓してきました。たとえば、1959年に海洋生物(水産学)コースが理学部に設置されました。それ以降、沖縄の水産人材育成は理学部が担うこととなりました。一方、サンゴの研究も理学部から始まり、1971年には瀬底島に理学部附属臨海実験所(現熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設)が設立されました。現在では、沖縄はサンゴ礁生物学の国際的な研究拠点として知られるようになっています。1975年には、海洋学および地球科学の強化を目的として、国立大学初となる海洋学科を新設し、生物学、地学、化学等の分野を融合して地球規模の課題も取り組むようになりました。その後、数学、物理、化学、海洋、生物の5学科は、1996年に数理科学科、物質地球科学科、海洋自然科学科の3学科に改組され、現在に至っています。

 現在も、理学部では、沖縄の自然環境に立脚した個性的な研究が進められています。亜熱帯、島嶼、台風、サンゴ礁、海洋、固有種、星など琉球列島の自然を表すキーワードのすべてが研究と教育のキーワードになっています。さらに、地球温暖化、エネルギー、情報、コンピューター、有用物質など地域社会や人の生活と関わるものも研究と教育の対象です。沖縄の地理的特徴である島嶼と海洋は国境と関係なくそのまま海外へつながる可能性を持っています。現在も環太平洋、東南アジアの多くの国々と共同研究を進めるばかりでなく、学生の交流や合同での教育カリキュラムを実施しています。基礎をベースに、深海から宇宙まで、地域から世界まで広がる学部を目指しています。


 
 
ページTOPへ