お問合せ 琉球大学HPへ
理学部紹介
理学部紹介学科紹介研究室紹介在学生の方へ受験生の方へオープンキャンパス
 
 
 
オープンキャンパス理学部へ行こう!
理学部へのアクセス
亜熱帯海洋科学国際プログラム
国際サンゴ礁研究教育ハブ形成プロジェクト
アジア太平洋域の大学院学生の国際連携教育



 
理学部長 山崎 秀雄

無理を夢理に変える未来創造の学舎

 

[本学部の特徴]

  理学部は、1950年の琉球大学開学時に設置された最初の四学部の一つです。本学で最も古い歴史を持つ理学部は、米国ランド・グラント大学の精神と伝統を色濃く残しています。琉球大学理学部では、数学、物理学、化学、生物学、地学の真理探究を唯一の目的とするのではなく、基礎科学の英知をもって地域社会と国際社会に貢献することも重要なミッションだと考えています。沖縄の持つ特異な歴史的背景と、亜熱帯島嶼の豊かな自然に育まれて、琉球大学理学部は他に比類なき個性を、教育と研究に発揮してきました。

 水産学(海洋生物生産学)のような応用科学分野が理学部に見られるのは、国内の大学では大変珍しいことです。ランド・グラント大学として出発した本学では、基礎学問分野でも米国型実用主義が重んじられ、1959年に海洋生物(水産学)コースが理学部に設置されました。それ以降、沖縄の水産人材育成は理学部が担うこととなりました。一方、サンゴの研究も理学部から始まっています。黎明期にあったサンゴ礁生物学を確立させるために、瀬底島に理学部附属臨海実験所(現熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設)が設立されました(1971年)。半世紀近く経った今では、サンゴ礁生物学の国際的な研究拠点として沖縄は知られるようになっています。1975年には 、海洋学および地球科学の強化を目的として、国立大学初となる海洋学科を新設し、地球規模の課題も取り組むようになりました。その後、数学、物理、化学、海洋、生物の五学科は、1996年に数理科学科、物質地球科学科、海洋自然科学科の三学科に改組され、現在に至っています。

 理学部には、沖縄の自然環境に立脚した個性的な研究と、米国型リベラルアーツ教育の古き良き伝統があります。時代の要請に従って、自らの形と役割を変化させてきた理学部には、人材育成の定型はありません。我々の未来にも決まった形はありません。琉球大学理学部は、基礎科学の英知を駆使して「無理」を「夢理」に変えることができる未来創造型人材の育成を目指しています。


普遍的な基礎科学の重要性を念頭に置き、優れた人材の育成と理学分野の研究の発展を目指し、更に亜熱帯島嶼の特性を生かした特色のある教育研究を推進する。
 

はじめに

琉球大学理学部 近代社会の繁栄は科学の発展に大きく依存しています。本学部は基礎的科学の分野における教育と研究を通して、広く社会で活躍する人材の育成と科学の発展に貢献するために、幅広く深い教養、科学全般にわたる基礎的知識の修得と共に、理学各分野の専門を深く修得させることを目指します。
 卒業すると学士(理学)の学位が授与されます。また、免許法による所定の単位を修得すれば、理科または数学の高等学校教諭一種免許状と中学校教諭一種免許状を取得することができます。
 なお、本学部に関連する大学院に博士課程が新設されたことに伴い,1998年度から理工学研究科となりました。博士前期課程(修士課程)では、数理科学、物質地球科学、海洋自然科学の各専攻分野に関する高度な教育・研究がなされています。博士後期課程には理学部関連の専攻として海洋環境学専攻が設置され、専門的な研究者の養成にあたっています。
 また、本学には熱帯生物圏研究センターがあり熱帯・亜熱帯における生命現象解明の研究に従事しています。その他の理学部関連施設としては、機器分析支援センター、極低温センター、島嶼防災研究センターなどがあります。これらのセンターは本学部の学生、院生、教員の実験、実習、研究の場としても活発に利用されています。

 

理学部の特色

 大学・短大進学率が45%を越え、大学が専門家の養成だけを目的にするのではなく、幅広い人材の養成を目標とすべき時代を迎えています。また、環境問題、生命科学、エネルギー問題等、学問上解明しなければならない研究課題が総合的・複合的になり、既存の学問体系を超えた新しい協力体制が必要になっています。
 そのために、琉球大学理学部では教育研究体制を大幅に改革し、1996年度に新理学部が誕生しました。その特色は次の通りです。

 

(1)3学科5学系

 様々な課題に応えるために、3学科5学系にしました。数理科学科、物質地球科学科、海洋自然科学科を設け、各学科には専門の「系」をおき、大講座制を採用しました。

 

(2)基礎理学と応用理学の結合

 既存の学問体系(数学、物理、化学、生物、地学)は教育研究の核として保存し、そこを基盤に様々な教育研究を柔軟に進めることができます。また、沖縄の特徴に基づいた学際的研究(多くの学問分野にまたがる研究)も容易に展開できます。

 

(3)多面的学習パターン

 学生が専門としての「理学」を身につけるために、一応中心となる専門(系)を定めます。それを核にして、学生の志望に応じて、幅広い多面的な学習やより深い専門の学習が展開できるように、各学問の間の壁を取り払い、専門必修単位をできるだけ少なくするなど、カリキュラムが工夫されています。

 

(4)少人数対話型のゼミ

 入学直後に、少人数(5人程度)を1クラスとした必修科目の「基礎ゼミ」を設けました。これは、学生が大学の研究の現場、実態をできるだけ早く知り、いろいろな疑問や相談を気軽に先生に聞いてもらえるようにするという目的を持っています。対話を重視し、学生がリラックスして参加できるように配慮されています。「基礎ゼミ」には、(1)修学指導(研究室や研究施設の紹介、図書館の利用法)、(2)理学基礎教育(科学論文・科学英語の読み方、科学作文法、日常の科学、専門に関する分かりやすい入門)、などが含まれています。

 

(5)学部共通教育

 「理学」の共通基盤としての素養を学生に与えるために、「学部共通科目」を設けました。これには、(1)「理学部基礎科目」として「自然科学のための数学」、「科学方法論」などがあり、また(2)「総合的学際的科目」としての各分野の入門的概論、(3)教職免許のための科目、さらに、(4)博物館実習、乗船実習、ダイビング実習などのユニークな科目もあります。

 

(6)教育プロセス

 1年次は主として専門基礎を含む共通教育と専門としての理学部共通科目を受講し、2年次以上で専門を履修します。

 

教育理念と目的

 本学部は、「理学」における伝統的学問分野をさらに充実させるとともに、沖縄の地理的特性を活かした特色ある教育研究を一層推進し、広く社会で活躍できる人材を育成する学部です。
 本学部は、今日の急激な学問展開と社会状況を考慮し、

 

1)基礎科学としての「理学」への期待と社会的要請に応え、高い理想と広い視野、強い信念、国際的素養を備えた人材の養成

 

2)沖縄の地域的自然特性等の教育研究及び基礎科学が学問的土台になるような技術・環境・文化等の社会的要請に対応できる教育研究の推進

 

を理念としています。

 

学科体制

 沖縄の特徴を生かし、新しい時代の教育研究を行うのに最も適した組織として、

  • 数理科学科
  • 物質地球科学科
  • 海洋自然科学科

 の3学科体制を採用しています。

 

学科 定員 系定員
数理科学科 40名 数学 40名
物質地球科学科 65名 物理 約40名
地学 約25名
海洋自然科学科 95名 化学 約47名
生物 約48名

 

各学科の特色

 

■ 数理科学科

 近年の数学は数学独自の発展とともに、その応用面も非常に広くなっています。自然科学や工学だけではなく、経済学や心理学などの社会科学、さらには人文科学にも有効な対象があることが知られています。また、コンピュータを制御しているアルゴリズムなども研究対象の一つです。これらのことをふまえ、自然現象や社会現象を広く数理的現象として捉え、その数学的解明を行うことを目標とし、そのための広範な数理的分野の教育研究を行います。

 

■ 物質地球科学科

 物質の根源をなす素粒子から宇宙規模までの運動の法則、エネルギーの諸形態、物質相互の関わりについて教育研究する物理系と、台風、海流、地球温暖化、サンゴ礁、地殻変動など地球環境について総合的に教育研究する地学系から構成されています。そのため物質地球科学科では、基礎的研究と応用的、地域的研究との連携が図られ、地球環境とその将来に関する教育研究を総合的に進めることもでき、教育研究の向上に一層有利となります。

 

■ 海洋自然科学科

 海洋自然科学科では、海洋化学と生物生産系を中心とする総合的な海洋学の分野と、自然科学の基礎を担う化学系、生物学系が同一学科内で教育研究を行います。そのため、学際的分野への対応に有利となり、海洋を中心とした地域性を持つ総合的教育研究を展開できる特徴があります。


  理学研究科は、1998年度より工学研究科と合体し、理工学研究科となりました。それに伴い博士前期課程に加えて、博士後期課程が設置されました。理学系の大学院では、研究者の養成と共に、理学の素養をもち的確に時代に対応できる人材を養成することを目指します。また諸外国からの留学生を対象とした特別コースがあり、留学生と触れ合う機会が多いのも本研究科の特徴です。

理学系博士前期課程(修学期間:2年間)には3つの専攻があります。

 

人材の養成及び教育・研究上の目的

■数理科学専攻

 数理科学の領域の教育・研究を通して、現代社会に貢献できる高度な専門知識及び能力を持つ人材の養成を目的とする。


■物質地球科学専攻

 物理学・地球科学及び関連領域の教育・研究を通して、学問の深化と科学技術の発展に寄与し、広い視野と高度な専門知識や技術を持った人材の養成を目的とする。

 

■海洋自然科学専攻

 琉球列島の豊かな自然環境が持つ特色を最大限に生かし、化学・生物学及び関連領域の教育・研究を通して、基礎から応用に至る高度な専門的能力と広い視野を兼ね備え、地域及び国際社会に貢献できる人材の養成を目的とする。


■海洋環境学専攻

 琉球列島の自然環境の特色を生かし、海洋や島嶼等の地球環境とその根底にある基本原理の理解を目指した教育・研究を通して、広い視野と独創性を有する研究者の養成を目的とする。

 

 

 

理工学研究科

理工学研究科
理工学研究科


●数理科学専攻 (定員10名)

諸科学の基礎としての数理科学、情報に関連する数学理論の研究・教育を行います。

●物質地球科学専攻 (定員16名)
 物理学分野と地学分野があり、物理学分野では物質を構成する基本的粒子や原子・分子の集合体の示す多様な性質の解明を理論的、実験的方法又はシミュレーションによって行います。地学分野では、島弧 とそれをとりまく海底、海水や大気の振る舞いに関する教育研究を行います。

●海洋自然科学専攻 (定員26名)
 化学分野と生物分野とからなります。化学分野では、従来の化学に加えて、熱帯環境化学や天然物化学を含む幅広い化学の教育研究を行います。生物分野では、遺伝子から生態系までの幅広いレベルで、環境や生物資源の保全も視野に入れた生物科学の教育研究を行います。

博士後期課程(修学期間:3年間)
●海洋環境学専攻(定員5名
 博士後期課程の海洋環境学専攻は、3講座からなり、熱帯生物圏研究センターの教員とも協力して教育研究を行います。

 


 

 

Welcome to OIMAP !

    We are pleased to announce that the Okinawa International Marine Science Program (OIMAP) will receive applicants for the next academic year starting in October 2017.
   
   OIMAP is organized into three fields: 1) Bioscience, 2) Environmental Sciences, and 3) Physics, Chemistry and Mathematical Sciences.
   
   The first stage of the OIMAP was a 9-year program (2007-2015), and during this term we had received many applicants more than 30 countries (see List of applicants by country).
  
   We welcome applications from prospective master’s and doctoral students wishing to conduct research related to marine sciencestropical-subtropical island studies, and basic sciences. We offer students access to outstanding facilities, state-of-the-art-equipment and the opportunity to work with leading academics in their chosen field of study. OIMAP aims to build advanced research networks and core research and education hubs in the Asia Pacific region, and students are expected to acquire globally-proficient scientific skills.
 

 

Application process

Application forms for self-supported applicants (non-scholarship) can be downloaded below.

Note that deadline for submitting all forms is May 31, 2017. 

1. A Profile of the University of the Ryukyus 2017

The file is about a profile of the University of the Ryukyus, including the brief of facilities.

 

2. Master's Program

Guidelines for Application 2017 

The file is about the guidelines for the application of Non-Scholarship Program for academic year 2017.

Application Form 2017  

The PDF file includes Form I-i to Form IV for application of Master's Program.
(Separated MS-word files are also available: I-iI-iiI-iiiII(pdf)IIIIV)

Check list 2017

 

3. Doctoral Program

Guidelines for Application 2017 

The file is about the guidelines for the application of Non-Scholarship Program for academic year 2017.

Application Form 2017 

The PDF file includes Form I-1 to Form IV for application of Doctoral Program.
(Separated MS-word files are also available: 
I-1I-2I-3II(pdf)IIIIV)

Check list 2017 

 

Application forms 2017 for governmentally supported applicants (scholarship) currently are not available.

 

Enquiries

Initial enquiries should be addressed to the Academic Affairs Unit of the Faculty of Science:

Telephone: (098) 895 8595 (international: 81 98 895 8595)
 Facsimile: (098) 895 8587 (international: 81 98 895 8587)
 E-mail:        
rggakmu@to.jim.u-ryukyu.ac.jp
 Postal Address: Academic Affairs Unit (Faculty of Science)
                              
Graduate School of Engineering and Science
                              University of the Ryukyus
                              1 Senbaru
                              Nishihara, Okinawa 903-0213
                              Japan

 

Voices of OIMAP Students


Here are comments from some past and present OIMAP students:

   

Javier A. Montenegro Gonzalez
Masters student in Marine Biology
   
Aaron Ouchi
Masters student in Marine Chemistry

Md. Atiqur Rahman Patoary
Ph.D. student in Physics
   
Tamanna Rob
Masters student in Natural Products Chemistry completed in 2007
   
Le Doc Luong
Masters student in Geochemistry completed in 2011

 


 
Welcome to CRABS!


We are pleased to announce that the Coral Reef and Advanced Biological Sciences Program (CRABS) will receive applicants for the next academic year starting in October 2017.

CRABS is organized jointly by the Field of: 1) Biosciences, 2) Environmental Sciences, and 3) Chemistry.

Application Process

Note that deadline for submitting all forms is February 1, 2017.
Prospective applicants are advised to contact a potential adviser for consultation on research themes and plans.
*For details, please refer to Guidelines for Application 2017.
 

1.
A profile of the University of the Ryukyus 2017
The file is about a profile of the University of the Ryukyus, including the brief of facilities.

2. MEXT Scholarship

Qualification
Nationality: Indonesia and those located in Southeast Asia and South Pacific
Age Limit: under 35 years of age as of April 1, 2017.
 *For more datails of Qualification and Application Documents, please refer to Guidelines for Application 2017.

Guidelines for Application 2017
The file is about the guidelines for the application of MEXT scholarship program for academic year 2017.

Application Form 2017
The PDF file includes Form I to Form V for application non-scholarship program.
(Separated MS-word files are also available:
I, II-1, III-1, IV(pdf), V)

Check list 2017

3. Non-Scholarship
 
Qualification
Nationality: Open to International and Japanese
Language: Should be fluent in English
*For more details of Qualification and Application Documents, please refer to Guidelines for Application 2017.

Guidelines for Application 2017
The file is about the guidelines for the application of non-scholarship program for academic year 2017.

Application Form 2017
The PDF file includes Form I to Form VI for application for non-scholarship program.
(Separated MS-word files are also available:
I, II-2, III-2, IV(pdf), V, VI)

Check list 2017

琉球列島自然講座(英語版)*工事中*


国立大学法人理学部長会議声明-未来への投資-



 
 
ページTOPへ